スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トロイ」原作の続編「オデュッセイア」 

本日2つ目の更新です。
-----------------------------------------------
ワーナー・ブラザースが、脚本家アン・ピーコック(「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」)のペンによる古代ギリシャ史劇の脚本を、パラマウント・ピクチャーズとの争奪戦の末に獲得した。

米ハリウッド・レポーター誌が報じたもので、原作は言わずと知れた古代ギリシャの詩人ホメロスによる叙事詩「オデュッセイア」。映画「トロイ」の原作となった叙事詩「イリアス」の続編にあたる作品で、英雄オデュッセウスが20年間にわたる戦争ののち、故国イタケへの帰還する途中に嵐で漂流し、さまざまな脅威に遭遇するという20年間にわたる冒険譚だ。

97年にはフランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、アンドレイ・コンチャロフスキー監督で「オデッセイ」(DVD題「オデュッセイア/魔の海の大航海」)というタイトルでTV映画化されており、オデュッセウス役をアーマンド・アサンテが演じている。また「トロイ」では同役をショーン・ビーンが演じていた。


今回の映画化では、「300/スリーハンドレッド」のジャンニ・ヌナリがプロデューサーを務め、スプラッターホラー「テキサス・チェーンソー ビギニング」(06)のジョナサン・リーベスマン監督がメガホンを取る。スケジュールやキャスティングについては未定だ。

近年ワーナーはギリシャ神話づいていて、「トロイ」や「300」を製作。つい先日も、レイ・ハリーハウゼン特撮監督によるストップモーション・アニメの代表作「タイタンの戦い」(81)を、ルイ・レテティエ監督がリメイクする実写版「クラッシュ・オブ・ザ・タイタンズ(原題)」の製作を発表、リーアム・ニーソンやレイフ・ファインズらをキャスティングしたばかりだ。

一方で気になる今回の主役オデュッセウスの行方だが、昨年10月、業界誌バラエティは「トロイ」で英雄アキレスを演じたブラッド・ピットが、「オデュッセイア」の主演に決定という記事を発表したことがある。スタジオは同じワーナーだが、2つのプロジェクトが同一のものであるかは定かでない。

-----------------------------------------------
http://eiga.com/buzz/20090428/1 より

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログランキングです。1日1回クリック頂けると幸いですm(_ _)m

アフィリエイトならリンクシェアスカパー! レンタルサービス<br />おまかせHDプラン
Lifestyle システムズレビューアフィリエイト EIZO 液晶 テレビ 地デジ 高画質
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaname0311.blog23.fc2.com/tb.php/39-88ebce14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。